レイクのカードで付き合いの費用を捻出しています

レイクのカードを持っています。もう7年くらい使っています。出金したり返済したりを何十回となく繰り返しています。まるで財布代わりみたいですねと言われたことがあります。本当にその通りで5千円やら1万円の出し入れを行っています。

だいたい使うのは飲み代が多いです。誘われると断れない性質なのでボケットの財布にお金が無くてもついつい乗ってしまいます。人付き合いのいい人で通っているのですが、交際費を捻出するには結構大変なのです。それでついついレイクのお世話になってしまうのです。

借りたお金は返済しなくてはなりません。給料日には優先的に穴埋めするようにしています。穴埋めしても月が変わればまた小遣いが不足してきます。近くのコンビニなどへ飛び込んで必要なだけキャッシングすることになります。給与の小遣い分とレイクの借り入れとでぐるぐる回している感じです。

それでも夏冬のボーナスでは借り入れを綺麗にします。借入残高をゼロにします。この時は借金が無くなったと気持ちいいのですが、翌月半ば頃からまた借金をちびりちびりと始めます。一年中このような繰り返しが続きます。何とかしなければならないのですが付き合いは大切ですからそちらを優先しています。

増額申込みのメリット

増額申込みとは、もっと多額を借り入れたいとの時に活用できます。

通常、キャッシングを行うために申し込むと、限度額が設定されます。

この金額以内ならば借り入れしたり返済したりは自由に利用ができる、との金額です。

大抵は50万円までを与えられます。

収入が少なければ限度額も低めとなります。

限度額以上に借り入れたい、との時に増額申込みを行うと、審査の上で限度額が増額されます。

限度額が増額すると共に、金利が安くなるというメリットもあります。

増額申込みに通過するためには、半年以上程度その金融機関を利用しており、何度も借り入れをしたり返済をしたりと繰り返しており、更に一度も金融事故を起こした経験が無いとの条件が必要になります。

信用が大切であり、この人物ならば多額を貸し付けても返済してくれるな、と思ってもらうことが必要なのです。

滞納をしてしまうと、過去の経験からして増額してもまた滞納されるのでは、と思われてしまいます。

限度枠、どのような基準で決まるの?

カードローンや消費者金融には必ずキャッシングの限度枠が決められています。子の限度枠は一律ではなくキャッシングを申し込んだ人それぞれに設定されるものです。この限度枠はどうやって決まるのでしょうか。

結論を言えば、キャッシングの限度枠はその人の信用力によって決まります。信用力とは、年収であったり、資産総額であったり、勤務している会社や勤続年数などです。これらの条件が良い人ほど限度枠は高くなる傾向があります。

このような個人の属性で限度枠が決まるわけではありません。もう一つ重要なことがあります。それは「今までに何回キャッシングを利用しているか」ということです。いわゆるお得意様かどうかということです。初めてキャッシングを利用する人よりも、今まで何回も利用している人のほうが信用できるのはいうまでもないでしょう(当然、毎回期限に遅れず返済していることが前提です)。

キャッシングの限度枠を上げるためには、個人の属性を引き上げればよいのですが、これは簡単ではありません。何回も利用して、きちんと返済していくことも限度枠の引き上げにつながるのです。

アルバイトがキャッシングを利用する時のポイント

アルバイトは、一般的にキャッシングを利用しにくいというイメージがあります。

確かに、正社員と比べると審査の時に不利であることは否めませんが、いくつかのポイントに気を付けることで、利用できる確率を上げることが可能です。

まず、「アルバイトでも審査が通りやすい所を選ぶこと」。

有名どころでは、「アコム」「プロミス」「アイフル」「ノーローン」などの消費者金融であれば、アルバイトでも申し込みが可能です。

次に、「審査に有利な条件を押さえておくこと」。

審査に有利な条件とは、「収入が安定していること」「社会保険に入っていること」「クレジットヒストリーが健全であること」の三つです。

収入が安定しているというのは、例えば過去3年間の年収が一定して200万円だった人と、去年は100万円だったが今年は500万円という人とでは、前者のほうが信頼されます。

また、アルバイトでも社会保険に入っていれば有利です。

正社員の4分の3以上働いていれば、アルバイトでも加入できます。

そして、クレジットヒストリーとは、今までの借入と返済に関する履歴のことです。

金融業界においては、新規で借入する人よりも借入経験のある人のほうが評価されるので、滞納がなければ非常に有利と言えます。

返済シミュレーションは安全な返済のために役に立つか

金融機関からキャッシングでお金を借りる時、その金融機関のサイトを覗くと、返済シミュレーションという無料サービスがあるのをよく見かけます。それは簡単な操作によって、短時間で様々な返済パターンをシミュレートしてくれます。それによって得られる数字は、完璧に本番と同じになるとは限りません。むしろ、おおよその数字と考えるべきです。

しかし、それでも返済シミュレーションは役に立つと言えます。なぜならそれを用いれば、これから自分が何%の金利で幾らのお金を借りて、毎月何円返済すれば何年何ヶ月で完済できるのか、それらが事前に分かるからです。そしてそれが分かれば、返済計画の立案において確実に参考にはなります。

しかし、返済シミュレーションを過信してはいけません。少し冷めた表現をすれば、所詮、それは卓上の計算に過ぎないのです。本番の返済においては、シミュレーション通りに完璧に事が運ぶとは限りません。時には予期しない怪我や病気になることもありますし、やむを得ない出費が立て続けに必要になり、返済金を工面するのが難しくなってしまう月だってあるかもしれません。

そう考えると、返済シミュレーションは、あくまでも参考に止めておくべきです。それよりも余裕を持った返済計画を立てることが、無難であると心得ておくべきです。

プロミスのメリットと特典

プロミスキャッシングの利点は非常に利便性が高いところです。

申し込みや借り入れは即日審査、即日融資が可能であり、24時間受け付けが行われています。

web契約が可能なので時間的に余裕がない状態でも利用でき、日中なら当日振込み、深夜なら翌日の早い時間帯に振り込みをしてもらえます。

また、パートやアルバイトが利用できるという点でもプロミスは便利です。キャッシングの中には一定以上の年収と職業を利用条件としているところもあり、フリーターやパートタイマーの方が申し込んでも審査には通りません。

しかし、プロミスなら一定以上の勤続期間があれば、アルバイトやパートタイムで生活している人でもキャッシングを利用することができるのです。

キャッシング各社は様々な独自のサービスを行っていますが、プロミス独自のサービスとしては30日間無利息というものがあります。
これは初回利用時にポイントサービスに加入することで得られる特典です。30日間一切の利息がかからないので、大金が必要なここぞというときに利用しても良いでしょう。

ただ、無利息でもその月の返済は必要なので、そこでうっかり滞納することのないようにしましょう。
延滞がつくと無利息期間はそこで終了してしまいます。

プロミス店舗一覧はこちら

学生でもキャッシングは利用出来るの?

キャッシングは、どうしてもお金が必要となった時の強い味方ですが、学生は利用出来るのでしょうか。
結論からいうと、いくつかの条件満たしている場合のみ学生であってもキャッシングをすることが可能です。

学生でもキャッシングが利用出来る条件について見ていきましょう。

まず、キャッシングを利用するためには、年齢が20歳以上になっている必要があります。
つまり、未成年という時点で他の条件を満たしていまとしても、キャッシングを利用する事は出来ないのです。

そして、学生であってもバイトなどにより安定した収入を得ている事、一定した住所に住んでいる事がキャッシング利用の必須条件となります。

ただし、バイトをしているからといって必ずしもキャッシングの審査に通るという訳ではありません。
悪魔でも審査を受けて見なくて分かりませんから、油断しないようにしましょう。

このように、20歳以上の学生で安定した収入がある場合は、学生であってもキャッシングを利用出来る可能性が高いという事になります。

利用出来る制限額は、一般に比べると少ないかもしれませんが、バイトの収入などで無理なく返せるように、きちんとした返済計画のもとで利用するようにしなければいけません。

仮審査を通してからのキャッシング比較が安定的

仮審査をしてからキャッシング会社を選ぶという方法が、いまの流行となっています。というのも、人によって借りられるか借りられないかということがありますから、借りられないところと比較したところで意味はないからです。

仮審査のシステムは年々発展していて、いま複数社の仮審査を同時にしてくれるというWEBサイトなどが増えています。申込みそのものにお金がかかることはなく、大抵のサイトで無料での仮審査を受けられるのです。

こうしたシステムを活用すれば、キャッシング会社の比較において、これまでしていた無駄な労力をある程度は削ることができるでしょう。

もちろん、仮審査といっても万能ではありません。どちらかというと仮審査を受けることによって借り入れの可能性がある程度判断できるというくらいで、場合によっては本審査で落ちるということがあるのです。

それらは他社借入額など色々な部分ではセーフだったものの、信用情報などが毀損していて通らなかったということになるだけです。その場合でも、基本的には中には通る会社もありますから、本審査を幾つか受けてみて、その審査結果を理解した上でどこを選ぶかを決めれば良いのです。

仮審査からよさそうなキャッシング会社順に並べ、上から本審査を受けていくことで比較と利用を効率よく進めることができます。

キャッシングの借入限度額

キャッシングを利用するときに気なるのが借入限度額だと思います。急にお金が必要なってキャッシングを利用したけど思っていた金額でお金を借りることができなくてがっかりしたという人もいると思います。基本的に借入限度額は申し込みをした人の年収を基本にして決定されています。

年収が多い人ほど大きな金額で借り入れができるのですが年収を超える金額を借り入れすることはできません。なぜなら借入限度額は総量規制という法律で上限が決められているからです。

どのキャッシング会社も年収の3分の1を超える借り入れはできなくなっています。たとえば年収120万円だと借入限度額は40万円ということになります。

しかしこれだと法律で決められている上限いっぱいいっぱいなので実際に利用するときはもっと低くなってしまうのが普通です。特に初回利用の場合だと借入限度額は低く抑えられてしまう場合が多いです。ただし毎月の返済を遅れずにきっちりと守ることで借入限度額の増額が可能な場合もあります。

返済の途中でお金が必要になり増額の申し込みをしたいときはカスタマーセンターに電話をすればよいでしょう。申し込みをしたときの属性や返済の状況によっては融資の増額が可能になる場合があります。