キャッシングは有り難いものですが総量規制にはご注意

キャッシングは便利なサービスです。

どうしても急にお金が必要になった時など、キャッシングで手軽にお金を借りる事ができるので、本当に便利なサービスです。

ですがご注意も必要です。手軽に借りる事ができるので、どうしてもついついたくさん借りてしまうことにも繋がるからです。

ご自分で限度を決めて、節度をもってキャッシングできる方なら宜しいのですが、

際限なく借りてしまう方だと困ったことになってしまいます。

気が付いたらキャッシングで借りた金額が膨大になっていて、支払い金額も大変な額になってしまいます。

ですから、気軽なキャッシングであるが故に、節度を持ったご利用が求められます。

一方で、支払いができなくなるまで借金の金額が増えないように、制度として存在しているのが総量規制です。

総量規制というのは、年収の三分の一以上のお金の貸出をできないようにしている制度です。

法律で決められた制度なので、年収の三分の一を超える金額の借入を申請しようとしても、

申請は許可にはなりません。

こうすることで、借金によって破綻する人を制度的に予防しようとするのが総量規制です。

ですから、一定金額をキャッシングされる場合は、ご自分年収の三分の一を判断基準にされて下さい。

尚、総量規制は銀行のカードローンは対象外です。

頼りになるレイクでキャッシング体験

キャッシングって言うと、何だか不安がつきまとう印象があったのですが、昨年初めてキャッシングした「レイク」では、全く不安なく、スムーズなキャッシングができたので、少しだけ体験談を書いてみます。私が「レイク」でキャッシングした理由は、生活費の補填のためでした。

会社員だった私は、年収にして300万ほどの収入があり、1人暮らしでしたが、飲食費や交際費などか知らず知らずのうちにかさみ、給料だけでは足りなくなって、「レイク」でキャッシングをすることになりました。「レイク」は、24時間いつでもインターネットから申し込みができ、一定の要件を満たせば当日借り入れも可能という、実に迅速なキャッシングが可能なところです。

また、2つの無利息ローンやATM手数料無料など、お財布に優しいところもあります。そして何より、私としては「有名」なキャッシング「レイク」だったことが大きなことでした。やっぱり「有名」なところからキャッシングしたいじゃないですか。かくして、希望した20万円のキャッシングができた私。おかげで当時の生活ピンチを乗り越え、今は全てキャッシングを完済し、暮らしをしています。

また経済的に困った時には、「レイク」でお世話になりたい、そう思えるほど満足のいく「レイク」でのキャッシング体験でした。

手軽に利用出来るようになった消費者金融

消費者金融は借金をしているという解釈をされてしまうので世間的にあまりいいイメージがありません。そのためお金を借りたくても消費者金融を利用するのに抵抗があるという人が多くいます。しかしその考えは一昔前の話で現在はサラリーマンやOLの人でも気軽に利用しています。消費者金融を利用する理由も借金をするというよりかは生活費や遊興費のために少しだけお金を借りるという感じで利用しています。

消費者金融は店頭窓口や自動契約機で申し込むのが一般的でしたが、最近はインターネットですべての手続きが出来てしまい申し込みもかなり便利になっています。家にいても外出している時でもスマートフォンを持っていれば申し込めてしまうのです。そのため少しお金が足りないから消費者金融に申し込んで借りようという感じで利用してしまうようです。

消費者金融は金利が高く設定されているというマイナスポイントがありますが、少額借りてすぐ返済するという感じで利用すれば問題ないのでお金に困った時は利用した方がいいでしょう。

おまとめローンを利用してローン管理の手間を軽減

多重債務の返済に苦しむ方の強い味方になってくれるのがローンを一本化するための専用プラン「おまとめローン」です。

おまとめローンとはその名の通り複数の借り入れをまとめて債務を一本化することができるローンです。債務を一本化することでローンの返済負担を最小限におさえ、無理の無い範囲で返済していくことを目指します。

おまとめローンを利用すると、まずは現在の債務総額に相当する分の金額を借り入れ債務を一括で返済します。返済完了後はおまとめローンからの借入金の身を返済していけばいいので、バラバラの返済手続きを続ける必要が無くなり事務負担や作業負担を軽減することが可能になります。

多重債務に苦しむ人にとっては返済金の工面も一苦労ですが、返済するための手続きの手間もばかになりません。バラバラに設定された返済期限日までに決められた金額を用意しなくてはいけませんし、返済先の金融機関も異なりますから個別に異なる手続きで返済する必要があります。

おまとめローンを利用すればローンの返済窓口は一本化されますから返済期限は一日の身になりますし、手続きも一種類だけで済むようになります。返済日を忘れて遅延が発生してしまう、というリスクも最小限に抑えられますから金融事故の危険も減少します。

おまとめローンを利用したからといって元の債務が減少するわけではありません。しかし、債務返済に伴う手間は大いに軽減されますから、真面目に返せばきちんと返済可能な収入がある方にはオススメのローンプランです。

金利はデメリットですが、メリットもたくさんあります。

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが、中には消費者金融から銀行カードローンに変わった業者もあります。その業者は新生銀行カードローン レイクで以前はレイクという消費者金融だったのですけど、新生銀行に商標、店舗などを譲渡して銀行カードローンとなりました。この場合だと総量規制の対象にはなりませんが、金利は消費者金融の時の金利設定のままなので銀行カードローンの割には高くなってしまいます。そのため金利という点ではデメリットになってしまいます。

しかし新生銀行カードローン レイクにもメリットはあります。まず始めて利用する人を対象に無利息期間のサービスが提供されています。特に新生銀行カードローン レイクの場合は30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあるので自分の都合の良い方を選択する事が出来ます。無利息期間サービスの中でも幅が広がるとより便利に利用出来ます。

次に申し込んでから約1時間で融資が可能です。自動契約機で申し込めば契約までの手続きがスムーズでカード発行まで最短で40分です。カードが発行出来たらすぐにATMからお金を借りる事が出来ます。今すぐお金が必要という人には大きなメリットになります。

次にお金を借りる時にATMの手数料が無料です。しかも提携ATMが複数あるので利便性も兼ね揃えています。ただでさえ金利が高いのでATMの手数料まで払いたくないのが本音です。

キャッシング初心者は比較が重要です

働いていても、働いていなくてもお金に困る事はあります。

そのような時に、普段から貯蓄をしていれば問題ないかもしれませんが、貯蓄が出来なかったり収入が少なかったりすると自力での工面は難しいです。

また、身近な家族や友人などに借りるという事も可能ですが、迷惑だと思って借りる事が出来ないという事もあります。

そのような時に、キャッシングをするという方法もあります。

しかし、キャッシング業者は数多くありますし、何を基準に申し込めばいいのかわからないという方も多いです。

ただ、安定した収入があるのであれば、審査は通りますので可能な限り利率が低い所を選ぶ必要があります。

その為、可能な限り多くのキャッシング業者を比較する事が大切です。

大きな所もあれば、地域密着で行っている所もありますので、多くのキャッシング業者を調べていく事が初めて借り入れをする方には大切です。

そして、効率よく比較をするのであれば、インターネットが一番です。

インターネットであれば、一気に比較をする事が可能ですし、深夜の遅い時間帯でも比較をする事が可能です。

その為、忙しい方でもしっかりと比較をしてから借り入れをする事が出来るので、安心して借り入れをする事が出来ます。

キャッシングの審査で結婚している方が不利になるケースもある

キャッシングの審査では結婚しているか?というのが1つ大きなポイントになります。これは通常は、社会的信用の観点から結婚している方が有利とされているのです。それは結婚をしていて過程を持っている方が、会社も辞めづらいですし、収入が途絶えづらいという意味もあるのでしょう。

ただ、会社によっては結婚している方がむしろ不利になってしまうということもたまにあります。それはどうしてか?というと、結婚をしていて家族を持つと、お金が余計にかかってしまうからです。家を持っているケースも多いですし、子供がいるケースもあります。独身の人と比べて、出費がかさむという見方もできるわけです。使わないといけないお金が多いということは、それだけ返済に回すことができるお金が減ってしまい、それがキャッシング会社としても不安な部分もあるのです。

だから、結婚している方が審査においては有利とされていますが、全部が全部そうとは限らないのです。結婚している人は、基本的に独身には簡単に戻れませんから、それが理由で落ちたとしても、別の会社で申し込みをすれば良いでしょう。不利に働いたとしても、これだけが原因で落ちているわけではないですから。また、結婚している人の方を有利に扱う会社もあるので、諦めずにまた審査を受けてみましょう。

学生でも簡単キャッシング!

私は学生時代に初めてキャッシングを利用しました。利用する前は「学生だから」という理由で断られないだろうか、と心配していましたがそんなことはなく簡単に契約することができました。

無人店舗でオペレーターの方の応答を待っている間に店内を見回していると「学生さん大歓迎!」みたいなポスターが貼っていましたし、

キャッシングしたお金を学費にあてる場合は利息を安く設定してくれるような業者もあるぐらいでした。よく考えたら多くの大学生が利用している奨学金も学生ローンみたいなものですしね。

ただし社会人と違って収入が安定しているわけではないことが多いので、限度額の増額等の際には審査が厳しくなることが多いのでそこは注意しておきましょう。

パートでも審査に通り助かりました。

キャッシングを取り扱っている金融機関は銀行以外にもあります。そのひとつが消費者金融です。私はパートで働いているので利用したくても銀行のキャッシングは審査に通りそうもありません。

銀行からお金を借りるにはやはり正社員ではないと難しいようなのです。そうなると私が利用できるキャッシングは消費者金融しかないことになります。以前の私は消費者金融のことはまったくと言っていいほど知識がなかったので申し込みをする前にホームページやクチコミなどを探していろいろと調べました。

調べてみたところ消費者金融のキャッシングもそんなに悪くはないと思いました。私にとって何より良いと感じたのはパートで働いている私でも消費者金融であれば融資を受けられる可能性があるということです。クチコミを読んでみたところ消費者金融でも審査は行われますがパートですとかアルバイトで働いていても審査に通ったというかたが大勢いました。

それならもしかすると私でも審査に通って消費者金融のキャッシングが利用できるようになるかも知れないと感じ、申し込みだけでもしてみようと思いました。申し込みをした消費者金融はプロミスでした。自宅のパソコンを使い申し込みができましたのでとても楽でした。申し込みをした結果、断られるだろうと思っていたのですが驚いたことに私でも審査に通ってしまったのです。

借入限度額は10万円となりしまたがそれでも私にとってはとても助かる金額です。現在ではお金が足りなくなったときだけ利息が大きくならないよう利率や借入期間などを考えて計画的に利用させてもらっています。

キャッシング返済でのリスク軽減

カードローン審査に通った後は契約したルールに従って返済を行っていく事が必要であり、キャッシング利用時の返済リスクを知っておくと、安全に返済させる事の重要性が理解出来ます。

返済日を忘れて延滞、遅延を繰り返していると、単純に罰金として遅延金を請求される事になり、20.0%の範疇での金利で利息請求される事になりますし、罰金だけではなく信用情報に傷が付くというリスクもありますから、信用を低下させてカードローン審査に新たに申込みを行っても借り入れが出来ないという事になります。

罰金の場合はお金の問題だけで済むのですが、やはり信用情報に傷が付けば記録が残ってしまいますし、新たな借り入れが出来ないというのは状況によっては非常に困る事になりますから注意が必要です。

カードローン審査では信用情報は非常に重要な要素ですし、業者側は融資を行うかどうか決定する際に信用情報を照会してチェックする事が出来ますから、延滞や遅延情報を知る事が出来るようになっています。

キャッシング返済でこうしたリスクを軽減させるには、返済シュミレーションを行ってから活用する事が有効であり、これが最も返済時のリスクを減らす有効な手段とも言えます。

シュミレーションを行う事によって返済生活で負担が強いられるかどうか想定出来ますし、適性な借入金を判断して完済までにどれだけの日数や利息が必要なのかを明確にする事が出来ますから、返済を確実に行なえる可能性を広げてくれるものです。