総量規制の対象外となる金融機関

貸金業法で定められている総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというものです。ただし、この総量規制の対象となっているのは消費者金融、クレジット会社、信販会社であり、実は銀行はこの総量規制の対象外なのです。

もし総量規制の対象となって消費者金融系などのカードローンが利用できなくなった場合、銀行系のカードローンを検討してみるのが一番安全な方法でしょう。もちろん、どこでも借りられるというわけではありませんし、審査が甘いということでもありませんが、銀行系のカードローンは金利が安い、融資上限額が高いなどのメリットがあります。銀行によっては即日融資に対応しているところもありますので、検討してみるのもひとつの手です。

また、総量規制にはいくつか例外があります。具体的には住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券や不動産を担保としているもの、個人事業主の運転資金、そして多重債務者が借入金を一本化するために組む「おまとめローン」などがこれに該当しています。

ただし、総量規制の対象となっているということは、年収600万円なら最低でも200万円の借金があるということで、褒められた状態ではありません。総量規制の対象外となると、銀行以外は違法業者の「ヤミ金」しかありませんので、焦って手を出すとそれこそ破滅一直線です。甘い話に乗ることなく、自分の現状を見極めたうえで、弁護士らと相談して適切な対処法を取りましょう。

借り入れ限度額について

キャッシングの限度額は各社ごとに設定されていますが、それとは別に利用者側の属性によっても貸し出し可能とする限度額というものは決定されてしまいます。

各賃金業者は通常、貸し出し可能とする○百万円という限度額を設定していますが、利用者の属性によってはそれ以下の貸し出し金額を限度とする場合があります。

属性については審査時に返済能力の有無のために確認されるものですが、このときに利用者へいくらまで貸し出していいのかの判断も一緒にされます。つまり、審査は無事に可決された場合であっても、属性の評価が低い場合などは限度額も低くなるため、借りられる限度額というものは人によって異なるということが言えます。

また、2010年に施行された総量規制によって、消費者金融などの賃金業者は利用者に年収の3分の1を超える金額を貸し出してはいけないという法律が制定されていることにも注意が必要です。これは1社からの借り入れ金額だけではなく、キャッシングを行った全ての賃金業者が対象となるため、限度額に満たなくとも借り入れを制限されることになります。

各賃金業者の限度額や総量規制については、賃金業者からの過剰な貸し出しを禁止するために設けられているため利用者側としては納得せざるを得ないということになります。

ただし、賃金業者が設定する限度額については利用者の貸し出し状況によって増減することもあります。
例えば、返済に滞りなく一定の借り入れが行われている場合などは増額対象となり、逆に返済の期日を守らず、督促しても払ってくれない場合などは減額対象となります。

即日キャッシングの条件

即日でキャッシングするためには、いくつかの条件のクリアが必要となります。

借り入れたい当日に、キャッシング業者が営業しているか、営業時間内か、即日キャッシング可能時間帯かといった時間の面も条件の一つです。

キャッシング業者により営業時間が異なりますが、平日の午前中に申しこめば大抵は即日キャッシング可能時間内となります。

借入希望金額は50万円以下、できれば最低限の少額に抑えます。

多額を希望すると、貸付不可能とされやすくなるのです。

運転免許証などの身分証明書を用意し、店舗、自動契約機、インターネットサイトから申込を行いますが、申込書類は的確に正しい情報を書き込みます。

不備があると、貸付不可能とされたり、提出しなおさなければならなくなり即日キャッシング時間内をオーバーしてしまう可能性があります。

楽天カードローンは使いやすいローン

ここ数年でその利用者を爆発的に増やしているのが楽天ローンです。

楽天ローンは楽天市場などを経営しているあの楽天が始めたローンで、楽天銀行のサービスの一つとなっています。

楽天銀行が行っているカードローンですから、消費者金融のカードローンに比べて金利が安いことが大きな特徴になっています。

通常、銀行のカードローンは審査が厳しいと言われていますが、ネット専属銀行の楽天の場合、審査に関しても一般的な銀行に比べてハードルが低いと言われれています。

楽天銀行は店舗を持たないため、申し込みはインターネットか電話での申し込みになります。ネットでの申し込みを採用したことにより、審査にかかる時間を大きく短縮している点も楽天カードローンの利用しやすい点だと言えます。

審査の流れとしては、ネットからの申し込み後早ければ数十分程度で勤務先への在籍確認が行われます。確認が取れればメールと電話で審査状況の経過が伝えられ、本審査に入ります。
特に問題なければそのまま審査完了となり、即日融資が可能になります。

300万円までの融資であれば、身分証明書だけで審査が完了しますし、その身分証明書も専用のアプリを使って送ればすぐに楽天側で確認が取れるようになっているため、郵送する必要もありません。
申し込み時に必要金額を記載して申し込めば、審査完了後にすぐ口座へ振り込んでもらえます。

カードの発行は数日かかりますが、ネット上の専用ページからいつでも口座へ振り込みを行ってもらえますから、特に不便は感じないでしょう。

カードが利用できる場所は提携ATMとなりますが、コンビニのATMはほとんどが利用出来ますから、とても利便性も高いカードローンだと言えます。

金利に関しては4.9%~14.5%ですから、少額利用する場合でも消費者金融と比べて3%以上も安くなっています。

キャンペーンを行っている場合、さらに金利を下げていることもありますから、それを利用すればさらにお得にカードローンを利用できるのではないでしょうか。

キャッシングを利用するならスピード審査の消費者金融

飲み会に誘われたのにお金がないというときに便利なのが消費者金融ですが、銀行に比べると審査が優しいうえ、スピード審査で結果がわかるので、待たされずに借りられるというメリットがあります。

銀行の審査はじっくり、丁寧に行われることが多いので、少しでも早く借りたい方は、最初から消費者金融を利用するとよいでしょう。

中には30分か、40分ほどで結果がわかるところもありますし、合格していればすぐに口座にお金が振り込まれるので、これほど助かるものはありません。

消費者金融はスピード審査で、即日融資を受けられるのが魅力ではあるものの、金利が高いので、あまり利用したくないという人もありますが、今は低金利で利用できるところが増えてきたので安心です。

金利が低いキャッシングなら、収入の少ない若い方でも気楽に利用できるでしょうし、テレビCMでよく見かけるような有名な消費者金融なら、初めての方でも親しみやすく感じるはずです。

有名な消費者金融のほとんどが低金利サービスを行っているので、まずはホームページで金利を調べることから始めましょう。

キャッシングは店頭窓口に加え、電話やインターネットなどでも申し込みが出来ますし、わざわざ来店する必要はないので、近くに消費者金融のお店がなくても気軽に利用出来ます。

基本的に免許証などの身分証明書さえあれば、担保や保証人のようなものは求められないので、お金がないときはいつでも頼ることをおすすめします。

レイクのカードで付き合いの費用を捻出しています

レイクのカードを持っています。もう7年くらい使っています。出金したり返済したりを何十回となく繰り返しています。まるで財布代わりみたいですねと言われたことがあります。本当にその通りで5千円やら1万円の出し入れを行っています。

だいたい使うのは飲み代が多いです。誘われると断れない性質なのでボケットの財布にお金が無くてもついつい乗ってしまいます。人付き合いのいい人で通っているのですが、交際費を捻出するには結構大変なのです。それでついついレイクのお世話になってしまうのです。

借りたお金は返済しなくてはなりません。給料日には優先的に穴埋めするようにしています。穴埋めしても月が変わればまた小遣いが不足してきます。近くのコンビニなどへ飛び込んで必要なだけキャッシングすることになります。給与の小遣い分とレイクの借り入れとでぐるぐる回している感じです。

それでも夏冬のボーナスでは借り入れを綺麗にします。借入残高をゼロにします。この時は借金が無くなったと気持ちいいのですが、翌月半ば頃からまた借金をちびりちびりと始めます。一年中このような繰り返しが続きます。何とかしなければならないのですが付き合いは大切ですからそちらを優先しています。

増額申込みのメリット

増額申込みとは、もっと多額を借り入れたいとの時に活用できます。

通常、キャッシングを行うために申し込むと、限度額が設定されます。

この金額以内ならば借り入れしたり返済したりは自由に利用ができる、との金額です。

大抵は50万円までを与えられます。

収入が少なければ限度額も低めとなります。

限度額以上に借り入れたい、との時に増額申込みを行うと、審査の上で限度額が増額されます。

限度額が増額すると共に、金利が安くなるというメリットもあります。

増額申込みに通過するためには、半年以上程度その金融機関を利用しており、何度も借り入れをしたり返済をしたりと繰り返しており、更に一度も金融事故を起こした経験が無いとの条件が必要になります。

信用が大切であり、この人物ならば多額を貸し付けても返済してくれるな、と思ってもらうことが必要なのです。

滞納をしてしまうと、過去の経験からして増額してもまた滞納されるのでは、と思われてしまいます。

限度枠、どのような基準で決まるの?

カードローンや消費者金融には必ずキャッシングの限度枠が決められています。子の限度枠は一律ではなくキャッシングを申し込んだ人それぞれに設定されるものです。この限度枠はどうやって決まるのでしょうか。

結論を言えば、キャッシングの限度枠はその人の信用力によって決まります。信用力とは、年収であったり、資産総額であったり、勤務している会社や勤続年数などです。これらの条件が良い人ほど限度枠は高くなる傾向があります。

このような個人の属性で限度枠が決まるわけではありません。もう一つ重要なことがあります。それは「今までに何回キャッシングを利用しているか」ということです。いわゆるお得意様かどうかということです。初めてキャッシングを利用する人よりも、今まで何回も利用している人のほうが信用できるのはいうまでもないでしょう(当然、毎回期限に遅れず返済していることが前提です)。

キャッシングの限度枠を上げるためには、個人の属性を引き上げればよいのですが、これは簡単ではありません。何回も利用して、きちんと返済していくことも限度枠の引き上げにつながるのです。

アルバイトがキャッシングを利用する時のポイント

アルバイトは、一般的にキャッシングを利用しにくいというイメージがあります。

確かに、正社員と比べると審査の時に不利であることは否めませんが、いくつかのポイントに気を付けることで、利用できる確率を上げることが可能です。

まず、「アルバイトでも審査が通りやすい所を選ぶこと」。

有名どころでは、「アコム」「プロミス」「アイフル」「ノーローン」などの消費者金融であれば、アルバイトでも申し込みが可能です。

次に、「審査に有利な条件を押さえておくこと」。

審査に有利な条件とは、「収入が安定していること」「社会保険に入っていること」「クレジットヒストリーが健全であること」の三つです。

収入が安定しているというのは、例えば過去3年間の年収が一定して200万円だった人と、去年は100万円だったが今年は500万円という人とでは、前者のほうが信頼されます。

また、アルバイトでも社会保険に入っていれば有利です。

正社員の4分の3以上働いていれば、アルバイトでも加入できます。

そして、クレジットヒストリーとは、今までの借入と返済に関する履歴のことです。

金融業界においては、新規で借入する人よりも借入経験のある人のほうが評価されるので、滞納がなければ非常に有利と言えます。

返済シミュレーションは安全な返済のために役に立つか

金融機関からキャッシングでお金を借りる時、その金融機関のサイトを覗くと、返済シミュレーションという無料サービスがあるのをよく見かけます。それは簡単な操作によって、短時間で様々な返済パターンをシミュレートしてくれます。それによって得られる数字は、完璧に本番と同じになるとは限りません。むしろ、おおよその数字と考えるべきです。

しかし、それでも返済シミュレーションは役に立つと言えます。なぜならそれを用いれば、これから自分が何%の金利で幾らのお金を借りて、毎月何円返済すれば何年何ヶ月で完済できるのか、それらが事前に分かるからです。そしてそれが分かれば、返済計画の立案において確実に参考にはなります。

しかし、返済シミュレーションを過信してはいけません。少し冷めた表現をすれば、所詮、それは卓上の計算に過ぎないのです。本番の返済においては、シミュレーション通りに完璧に事が運ぶとは限りません。時には予期しない怪我や病気になることもありますし、やむを得ない出費が立て続けに必要になり、返済金を工面するのが難しくなってしまう月だってあるかもしれません。

そう考えると、返済シミュレーションは、あくまでも参考に止めておくべきです。それよりも余裕を持った返済計画を立てることが、無難であると心得ておくべきです。