総量規制対象外のキャッシングカード

以前は、消費者金融の裁量により年収に関係なく融資額を決定することが出来ました。

現在は、総量規制というものが存在して年収の3分の1を越える融資は禁止されています。

これは、消費者金融1社で3分の1ということではなく、例えば年収300万の人が4社から30万円ずつ借り入れていた場合には、1社あたりは総量規制に引っ掛かりませんが、全体で120万円の借り入れになり総量規制に引っ掛かり、それ以上の借り入れは不可能になります。

消費者金融は、信用情報を通じてこまめに借り入れ状況をチェックしているのでごまかすことはできません。

反面、総量規制の対象外のキャッシングカードもあります。それは、銀行系のローンカードです。今後、総量規制の対象になる可能性はありますが、現時点では対象外で銀行側の裁量に委ねられています。