主婦のキャッシングについて知っておくべきこと

家庭のお金を預かる主婦もキャッシングができればいいのに思うことがあるでしょう。しかし、主婦というくくりにおいてはキャッシングの業界では2つの区別がしっかりと存在しています。

一つは専業ではない主婦です。主婦でもパートやアルバイトをしている主婦は少なくありません。このような収入がある主婦であれば、金額はあまり多くありませんが、キャッシングを利用することはあまり難しいことではありません。パートやアルバイトの収入でも安定した収入とみなされることがほとんどであるからです。

それでも、総量規制によって年収の三分の一以上の借入はできませんから、パートやアルバイトではあまり大きな金額をキャッシングすることはできないと思われます。

もう一つは専業主婦です。これは先程の総量規制によってキャッシングを利用することはできません。専業主婦では年収がないということと同義であるので、返済能力がないとされてしまうのです。配偶者貸付という制度もないではありませんが、実施しているキャッシング会社は多くありませんし、手続きなどがかなり面倒になります。

銀行では総量規制はありませんが、銀行は審査が厳しくなっているので、銀行でも借りれないと思ったほうがいいでしょう。

審査が厳しいおまとめローンを利用できる人とは

“おまとめローンを利用できれば、そのメリットはたくさん考えられます。金利は下がりますし、複数の借金の管理は簡素化されるでしょう。
しかし、おまとめローンのメリットを享受するためには金融機関の審査に通らなければなりません。利用することのできなければどれだけのメリットがあったとしても意味はありません。
それにおまとめローンの審査は多重債務を持っている人に対しての審査ですから当然厳しくなります。

それではおまとめローンの審査に通る人はどのような人かといえば、以前よりも信用度が上がっている人が考えられます。
具体的に言えば、収入が以前よりも増えた人であるとか、非正規社員あった人が正社員になったなどという場合です。”

カードローンの大きなポイントとなることが

カードローンも今ではかなり認知されているサービスとなってきています。これは要するにお金を借りることができるサービスです。金融サービスとしては最もハードルが低い、ということになります。

まず、最初に審査をされることになります。これは収入であり、そして借金のことなどを審査されることになります。それはあくまで無担保ローンであり、実は目的ローンなどは除外されます。つまりは、住宅ローンなどが残っていようとそこまで問題ではない、ということになります。

カードローン業者ですが今では色々とあります。ですから、はっきりいって、かなりしっかりと比較する必要性があります。特に重要になってくるのが無利息期間があるのかどうか、ということです。これがとても大事なことになりますから、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。

まず最初に比較するべき要素である、といっても過言ではないのです。無利息で貸してくれる期間が少なからず存在することは今ではどんなカードローン業者でも当たり前になっています。むしろ、そうしたところでない場合、利用する価値がないといっても過言ではないからです。そして、次いで、金利などを比較するとよいでしょう。

キャッシングは有り難いものですが総量規制にはご注意

キャッシングは便利なサービスです。

どうしても急にお金が必要になった時など、キャッシングで手軽にお金を借りる事ができるので、本当に便利なサービスです。

ですがご注意も必要です。手軽に借りる事ができるので、どうしてもついついたくさん借りてしまうことにも繋がるからです。

ご自分で限度を決めて、節度をもってキャッシングできる方なら宜しいのですが、

際限なく借りてしまう方だと困ったことになってしまいます。

気が付いたらキャッシングで借りた金額が膨大になっていて、支払い金額も大変な額になってしまいます。

ですから、気軽なキャッシングであるが故に、節度を持ったご利用が求められます。

一方で、支払いができなくなるまで借金の金額が増えないように、制度として存在しているのが総量規制です。

総量規制というのは、年収の三分の一以上のお金の貸出をできないようにしている制度です。

法律で決められた制度なので、年収の三分の一を超える金額の借入を申請しようとしても、

申請は許可にはなりません。

こうすることで、借金によって破綻する人を制度的に予防しようとするのが総量規制です。

ですから、一定金額をキャッシングされる場合は、ご自分年収の三分の一を判断基準にされて下さい。

尚、総量規制は銀行のカードローンは対象外です。

キャッシングの審査で結婚している方が不利になるケースもある

キャッシングの審査では結婚しているか?というのが1つ大きなポイントになります。これは通常は、社会的信用の観点から結婚している方が有利とされているのです。それは結婚をしていて過程を持っている方が、会社も辞めづらいですし、収入が途絶えづらいという意味もあるのでしょう。

ただ、会社によっては結婚している方がむしろ不利になってしまうということもたまにあります。それはどうしてか?というと、結婚をしていて家族を持つと、お金が余計にかかってしまうからです。家を持っているケースも多いですし、子供がいるケースもあります。独身の人と比べて、出費がかさむという見方もできるわけです。使わないといけないお金が多いということは、それだけ返済に回すことができるお金が減ってしまい、それがキャッシング会社としても不安な部分もあるのです。

だから、結婚している方が審査においては有利とされていますが、全部が全部そうとは限らないのです。結婚している人は、基本的に独身には簡単に戻れませんから、それが理由で落ちたとしても、別の会社で申し込みをすれば良いでしょう。不利に働いたとしても、これだけが原因で落ちているわけではないですから。また、結婚している人の方を有利に扱う会社もあるので、諦めずにまた審査を受けてみましょう。

学生でも簡単キャッシング!

私は学生時代に初めてキャッシングを利用しました。利用する前は「学生だから」という理由で断られないだろうか、と心配していましたがそんなことはなく簡単に契約することができました。

無人店舗でオペレーターの方の応答を待っている間に店内を見回していると「学生さん大歓迎!」みたいなポスターが貼っていましたし、

キャッシングしたお金を学費にあてる場合は利息を安く設定してくれるような業者もあるぐらいでした。よく考えたら多くの大学生が利用している奨学金も学生ローンみたいなものですしね。

ただし社会人と違って収入が安定しているわけではないことが多いので、限度額の増額等の際には審査が厳しくなることが多いのでそこは注意しておきましょう。

パートでも審査に通り助かりました。

キャッシングを取り扱っている金融機関は銀行以外にもあります。そのひとつが消費者金融です。私はパートで働いているので利用したくても銀行のキャッシングは審査に通りそうもありません。

銀行からお金を借りるにはやはり正社員ではないと難しいようなのです。そうなると私が利用できるキャッシングは消費者金融しかないことになります。以前の私は消費者金融のことはまったくと言っていいほど知識がなかったので申し込みをする前にホームページやクチコミなどを探していろいろと調べました。

調べてみたところ消費者金融のキャッシングもそんなに悪くはないと思いました。私にとって何より良いと感じたのはパートで働いている私でも消費者金融であれば融資を受けられる可能性があるということです。クチコミを読んでみたところ消費者金融でも審査は行われますがパートですとかアルバイトで働いていても審査に通ったというかたが大勢いました。

それならもしかすると私でも審査に通って消費者金融のキャッシングが利用できるようになるかも知れないと感じ、申し込みだけでもしてみようと思いました。申し込みをした消費者金融はプロミスでした。自宅のパソコンを使い申し込みができましたのでとても楽でした。申し込みをした結果、断られるだろうと思っていたのですが驚いたことに私でも審査に通ってしまったのです。

借入限度額は10万円となりしまたがそれでも私にとってはとても助かる金額です。現在ではお金が足りなくなったときだけ利息が大きくならないよう利率や借入期間などを考えて計画的に利用させてもらっています。

総量規制の対象外となる金融機関

貸金業法で定められている総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというものです。ただし、この総量規制の対象となっているのは消費者金融、クレジット会社、信販会社であり、実は銀行はこの総量規制の対象外なのです。

もし総量規制の対象となって消費者金融系などのカードローンが利用できなくなった場合、銀行系のカードローンを検討してみるのが一番安全な方法でしょう。もちろん、どこでも借りられるというわけではありませんし、審査が甘いということでもありませんが、銀行系のカードローンは金利が安い、融資上限額が高いなどのメリットがあります。銀行によっては即日融資に対応しているところもありますので、検討してみるのもひとつの手です。

また、総量規制にはいくつか例外があります。具体的には住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券や不動産を担保としているもの、個人事業主の運転資金、そして多重債務者が借入金を一本化するために組む「おまとめローン」などがこれに該当しています。

ただし、総量規制の対象となっているということは、年収600万円なら最低でも200万円の借金があるということで、褒められた状態ではありません。総量規制の対象外となると、銀行以外は違法業者の「ヤミ金」しかありませんので、焦って手を出すとそれこそ破滅一直線です。甘い話に乗ることなく、自分の現状を見極めたうえで、弁護士らと相談して適切な対処法を取りましょう。

借り入れ限度額について

キャッシングの限度額は各社ごとに設定されていますが、それとは別に利用者側の属性によっても貸し出し可能とする限度額というものは決定されてしまいます。

各賃金業者は通常、貸し出し可能とする○百万円という限度額を設定していますが、利用者の属性によってはそれ以下の貸し出し金額を限度とする場合があります。

属性については審査時に返済能力の有無のために確認されるものですが、このときに利用者へいくらまで貸し出していいのかの判断も一緒にされます。つまり、審査は無事に可決された場合であっても、属性の評価が低い場合などは限度額も低くなるため、借りられる限度額というものは人によって異なるということが言えます。

また、2010年に施行された総量規制によって、消費者金融などの賃金業者は利用者に年収の3分の1を超える金額を貸し出してはいけないという法律が制定されていることにも注意が必要です。これは1社からの借り入れ金額だけではなく、キャッシングを行った全ての賃金業者が対象となるため、限度額に満たなくとも借り入れを制限されることになります。

各賃金業者の限度額や総量規制については、賃金業者からの過剰な貸し出しを禁止するために設けられているため利用者側としては納得せざるを得ないということになります。

ただし、賃金業者が設定する限度額については利用者の貸し出し状況によって増減することもあります。
例えば、返済に滞りなく一定の借り入れが行われている場合などは増額対象となり、逆に返済の期日を守らず、督促しても払ってくれない場合などは減額対象となります。

キャッシングを利用するならスピード審査の消費者金融

飲み会に誘われたのにお金がないというときに便利なのが消費者金融ですが、銀行に比べると審査が優しいうえ、スピード審査で結果がわかるので、待たされずに借りられるというメリットがあります。

銀行の審査はじっくり、丁寧に行われることが多いので、少しでも早く借りたい方は、最初から消費者金融を利用するとよいでしょう。

中には30分か、40分ほどで結果がわかるところもありますし、合格していればすぐに口座にお金が振り込まれるので、これほど助かるものはありません。

消費者金融はスピード審査で、即日融資を受けられるのが魅力ではあるものの、金利が高いので、あまり利用したくないという人もありますが、今は低金利で利用できるところが増えてきたので安心です。

金利が低いキャッシングなら、収入の少ない若い方でも気楽に利用できるでしょうし、テレビCMでよく見かけるような有名な消費者金融なら、初めての方でも親しみやすく感じるはずです。

有名な消費者金融のほとんどが低金利サービスを行っているので、まずはホームページで金利を調べることから始めましょう。

キャッシングは店頭窓口に加え、電話やインターネットなどでも申し込みが出来ますし、わざわざ来店する必要はないので、近くに消費者金融のお店がなくても気軽に利用出来ます。

基本的に免許証などの身分証明書さえあれば、担保や保証人のようなものは求められないので、お金がないときはいつでも頼ることをおすすめします。