限度枠、どのような基準で決まるの?

カードローンや消費者金融には必ずキャッシングの限度枠が決められています。子の限度枠は一律ではなくキャッシングを申し込んだ人それぞれに設定されるものです。この限度枠はどうやって決まるのでしょうか。

結論を言えば、キャッシングの限度枠はその人の信用力によって決まります。信用力とは、年収であったり、資産総額であったり、勤務している会社や勤続年数などです。これらの条件が良い人ほど限度枠は高くなる傾向があります。

このような個人の属性で限度枠が決まるわけではありません。もう一つ重要なことがあります。それは「今までに何回キャッシングを利用しているか」ということです。いわゆるお得意様かどうかということです。初めてキャッシングを利用する人よりも、今まで何回も利用している人のほうが信用できるのはいうまでもないでしょう(当然、毎回期限に遅れず返済していることが前提です)。

キャッシングの限度枠を上げるためには、個人の属性を引き上げればよいのですが、これは簡単ではありません。何回も利用して、きちんと返済していくことも限度枠の引き上げにつながるのです。