総量規制の対象外となる金融機関

貸金業法で定められている総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというものです。ただし、この総量規制の対象となっているのは消費者金融、クレジット会社、信販会社であり、実は銀行はこの総量規制の対象外なのです。

もし総量規制の対象となって消費者金融系などのカードローンが利用できなくなった場合、銀行系のカードローンを検討してみるのが一番安全な方法でしょう。もちろん、どこでも借りられるというわけではありませんし、審査が甘いということでもありませんが、銀行系のカードローンは金利が安い、融資上限額が高いなどのメリットがあります。銀行によっては即日融資に対応しているところもありますので、検討してみるのもひとつの手です。

また、総量規制にはいくつか例外があります。具体的には住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券や不動産を担保としているもの、個人事業主の運転資金、そして多重債務者が借入金を一本化するために組む「おまとめローン」などがこれに該当しています。

ただし、総量規制の対象となっているということは、年収600万円なら最低でも200万円の借金があるということで、褒められた状態ではありません。総量規制の対象外となると、銀行以外は違法業者の「ヤミ金」しかありませんので、焦って手を出すとそれこそ破滅一直線です。甘い話に乗ることなく、自分の現状を見極めたうえで、弁護士らと相談して適切な対処法を取りましょう。