金利はデメリットですが、メリットもたくさんあります。

キャッシング業者には銀行カードローンと消費者金融がありますが、中には消費者金融から銀行カードローンに変わった業者もあります。その業者は新生銀行カードローン レイクで以前はレイクという消費者金融だったのですけど、新生銀行に商標、店舗などを譲渡して銀行カードローンとなりました。この場合だと総量規制の対象にはなりませんが、金利は消費者金融の時の金利設定のままなので銀行カードローンの割には高くなってしまいます。そのため金利という点ではデメリットになってしまいます。

しかし新生銀行カードローン レイクにもメリットはあります。まず始めて利用する人を対象に無利息期間のサービスが提供されています。特に新生銀行カードローン レイクの場合は30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランがあるので自分の都合の良い方を選択する事が出来ます。無利息期間サービスの中でも幅が広がるとより便利に利用出来ます。

次に申し込んでから約1時間で融資が可能です。自動契約機で申し込めば契約までの手続きがスムーズでカード発行まで最短で40分です。カードが発行出来たらすぐにATMからお金を借りる事が出来ます。今すぐお金が必要という人には大きなメリットになります。

次にお金を借りる時にATMの手数料が無料です。しかも提携ATMが複数あるので利便性も兼ね揃えています。ただでさえ金利が高いのでATMの手数料まで払いたくないのが本音です。