キャッシングは有り難いものですが総量規制にはご注意

キャッシングは便利なサービスです。

どうしても急にお金が必要になった時など、キャッシングで手軽にお金を借りる事ができるので、本当に便利なサービスです。

ですがご注意も必要です。手軽に借りる事ができるので、どうしてもついついたくさん借りてしまうことにも繋がるからです。

ご自分で限度を決めて、節度をもってキャッシングできる方なら宜しいのですが、

際限なく借りてしまう方だと困ったことになってしまいます。

気が付いたらキャッシングで借りた金額が膨大になっていて、支払い金額も大変な額になってしまいます。

ですから、気軽なキャッシングであるが故に、節度を持ったご利用が求められます。

一方で、支払いができなくなるまで借金の金額が増えないように、制度として存在しているのが総量規制です。

総量規制というのは、年収の三分の一以上のお金の貸出をできないようにしている制度です。

法律で決められた制度なので、年収の三分の一を超える金額の借入を申請しようとしても、

申請は許可にはなりません。

こうすることで、借金によって破綻する人を制度的に予防しようとするのが総量規制です。

ですから、一定金額をキャッシングされる場合は、ご自分年収の三分の一を判断基準にされて下さい。

尚、総量規制は銀行のカードローンは対象外です。