新社会人は希望額は必要最小限に!

銀行や消費者金融のカードローンは、基本的には本人に安定した収入があり、個人信用情報に問題が無ければ契約は可能です。一部においては、勤続期間に制限があるものの、消費者金融であれば新社会人で入社から間もない場合でも契約することができます。しかし、新社会人の場合は、融資希望額は必要最小限に留めて申し込むことが重要です。

そもそも、新社会人は収入はあるものの、安定性が確実であるか、年収が確定しているかという条件では不利になります。あくまで年収は源泉徴収により確定されて時点でのものとなり、申し込み時点では見込み年収となります。そのため、月収が高くても見込み年収というだけで条件は不利になり、融資する側としても慎重な判断が行われます。そのため、短期間のうちに確実に返済できる金額を提示し、審査で不利にならない対応がポイントになります。

キャッシングの審査を受ける際に気をつけるべき事とは

お金を借りる手段としてキャッシングは多くの場面で適しています。各種料金の支払いで給料日まで間に合わない時に使ったり、交際費や買い物などの立て替え用途で使ったりします。キャッシングを利用するには、申込みを行い、審査を通過しなければいけません。

審査を受ける際に気をつけるべき事は、本人確認と年収です。本人が申込んだ事を確認し、年収に応じて限度額を決定し、返済する能力があるかどうかを調べる為に審査が行われます。審査を通過すれば、消費者金融会社は申込者の事を信用し、融資を実施してくれます。ユーザーは借りたお金の使い途が特に制限されていませんので、限度額まで自由に使えるというメリットを得られます。提携ATMが多い事で返済がし易い環境が整っています。

普通に仕事をしていて今までにキャッシング

キャッシング審査に通らないという人はどういう人なのかを説明したいと思います。普通に仕事をしていて今までにキャッシングしたことがあっても滞納していなければほぼ全ての人は審査に通るはずです。審査に通らない人は大きく分けて三つです。一つ目は他社で借り入れがないかということです。だいたい年収の三分の一くらいが借り入れの限度額と言われています。

それ以上の借り入れがある場合は審査に落ちる場合があります。二つ目は専業主婦や学生などの収入がない人です。中には無職でも借り入れOKというところもありますが、通常のところでは審査に落ちることは十分にあります。三つ目は仕事をしていてもまだ入社してまもないとか、転職を繰り返しているという人も審査が通らない場合があります。しかし基準はその会社によって異なります。そこがダメでも他の会社では審査に通ることもありますので、根気強くアタックすることは重要です。