アルバイトが消費者金融でお金を借りる時の注意点

アルバイトでも20歳以上で安定した収入を得ていれば消費者金融を利用する事が出来ます。特にアルバイトで一人暮らしをしている時は生活費が足りなくなる事もあるのでお金を借りる場合もあるでしょう。しかしアルバイトが消費者金融でお金を借りる時は注意しなければいけない点もあるので確認していく事にしましょう。

・必要な分だけ借りるようにする

アルバイトは正社員に比べて収入が少ないので限度額も低くなってしまいます。それで無理な借り入れをする事は基本的に少ないですが、消費者金融は金利が高く設定されているので普通に借りていても借金が膨らんでしまう事があります。アルバイトが消費者金融でお金を借りる時は必要な分だけにしましょう。

・早めに返済する事を心掛ける

消費者金融は金利が高く設定されているので返済が長引いてしまうと加算される利息も多くなってしまいます。それで返済総額も多くなってしまうので返済が困難になってしまう場合もあります。アルバイトが消費者金融でお金を借りた時はなるべく早く返済して加算される利息も出来るだけ少なくする事を心掛けましょう。

アルバイトが消費者金融でお金を借りる時の注意点はこのようにあるので実際に消費者金融でお金を借りる時はしっかり頭に入れておきましょう。

アルバイトがキャッシングを利用する時のポイント

アルバイトは、一般的にキャッシングを利用しにくいというイメージがあります。

確かに、正社員と比べると審査の時に不利であることは否めませんが、いくつかのポイントに気を付けることで、利用できる確率を上げることが可能です。

まず、「アルバイトでも審査が通りやすい所を選ぶこと」。

有名どころでは、「アコム」「プロミス」「アイフル」「ノーローン」などの消費者金融であれば、アルバイトでも申し込みが可能です。

次に、「審査に有利な条件を押さえておくこと」。

審査に有利な条件とは、「収入が安定していること」「社会保険に入っていること」「クレジットヒストリーが健全であること」の三つです。

収入が安定しているというのは、例えば過去3年間の年収が一定して200万円だった人と、去年は100万円だったが今年は500万円という人とでは、前者のほうが信頼されます。

また、アルバイトでも社会保険に入っていれば有利です。

正社員の4分の3以上働いていれば、アルバイトでも加入できます。

そして、クレジットヒストリーとは、今までの借入と返済に関する履歴のことです。

金融業界においては、新規で借入する人よりも借入経験のある人のほうが評価されるので、滞納がなければ非常に有利と言えます。