主婦のキャッシングについて知っておくべきこと

家庭のお金を預かる主婦もキャッシングができればいいのに思うことがあるでしょう。しかし、主婦というくくりにおいてはキャッシングの業界では2つの区別がしっかりと存在しています。

一つは専業ではない主婦です。主婦でもパートやアルバイトをしている主婦は少なくありません。このような収入がある主婦であれば、金額はあまり多くありませんが、キャッシングを利用することはあまり難しいことではありません。パートやアルバイトの収入でも安定した収入とみなされることがほとんどであるからです。

それでも、総量規制によって年収の三分の一以上の借入はできませんから、パートやアルバイトではあまり大きな金額をキャッシングすることはできないと思われます。

もう一つは専業主婦です。これは先程の総量規制によってキャッシングを利用することはできません。専業主婦では年収がないということと同義であるので、返済能力がないとされてしまうのです。配偶者貸付という制度もないではありませんが、実施しているキャッシング会社は多くありませんし、手続きなどがかなり面倒になります。

銀行では総量規制はありませんが、銀行は審査が厳しくなっているので、銀行でも借りれないと思ったほうがいいでしょう。