審査が厳しいおまとめローンを利用できる人とは

“おまとめローンを利用できれば、そのメリットはたくさん考えられます。金利は下がりますし、複数の借金の管理は簡素化されるでしょう。
しかし、おまとめローンのメリットを享受するためには金融機関の審査に通らなければなりません。利用することのできなければどれだけのメリットがあったとしても意味はありません。
それにおまとめローンの審査は多重債務を持っている人に対しての審査ですから当然厳しくなります。

それではおまとめローンの審査に通る人はどのような人かといえば、以前よりも信用度が上がっている人が考えられます。
具体的に言えば、収入が以前よりも増えた人であるとか、非正規社員あった人が正社員になったなどという場合です。”

カードローンの大きなポイントとなることが

カードローンも今ではかなり認知されているサービスとなってきています。これは要するにお金を借りることができるサービスです。金融サービスとしては最もハードルが低い、ということになります。

まず、最初に審査をされることになります。これは収入であり、そして借金のことなどを審査されることになります。それはあくまで無担保ローンであり、実は目的ローンなどは除外されます。つまりは、住宅ローンなどが残っていようとそこまで問題ではない、ということになります。

カードローン業者ですが今では色々とあります。ですから、はっきりいって、かなりしっかりと比較する必要性があります。特に重要になってくるのが無利息期間があるのかどうか、ということです。これがとても大事なことになりますから、しっかりと覚えておいたほうがよいでしょう。

まず最初に比較するべき要素である、といっても過言ではないのです。無利息で貸してくれる期間が少なからず存在することは今ではどんなカードローン業者でも当たり前になっています。むしろ、そうしたところでない場合、利用する価値がないといっても過言ではないからです。そして、次いで、金利などを比較するとよいでしょう。

キャッシングの審査で結婚している方が不利になるケースもある

キャッシングの審査では結婚しているか?というのが1つ大きなポイントになります。これは通常は、社会的信用の観点から結婚している方が有利とされているのです。それは結婚をしていて過程を持っている方が、会社も辞めづらいですし、収入が途絶えづらいという意味もあるのでしょう。

ただ、会社によっては結婚している方がむしろ不利になってしまうということもたまにあります。それはどうしてか?というと、結婚をしていて家族を持つと、お金が余計にかかってしまうからです。家を持っているケースも多いですし、子供がいるケースもあります。独身の人と比べて、出費がかさむという見方もできるわけです。使わないといけないお金が多いということは、それだけ返済に回すことができるお金が減ってしまい、それがキャッシング会社としても不安な部分もあるのです。

だから、結婚している方が審査においては有利とされていますが、全部が全部そうとは限らないのです。結婚している人は、基本的に独身には簡単に戻れませんから、それが理由で落ちたとしても、別の会社で申し込みをすれば良いでしょう。不利に働いたとしても、これだけが原因で落ちているわけではないですから。また、結婚している人の方を有利に扱う会社もあるので、諦めずにまた審査を受けてみましょう。

パートでも審査に通り助かりました。

キャッシングを取り扱っている金融機関は銀行以外にもあります。そのひとつが消費者金融です。私はパートで働いているので利用したくても銀行のキャッシングは審査に通りそうもありません。

銀行からお金を借りるにはやはり正社員ではないと難しいようなのです。そうなると私が利用できるキャッシングは消費者金融しかないことになります。以前の私は消費者金融のことはまったくと言っていいほど知識がなかったので申し込みをする前にホームページやクチコミなどを探していろいろと調べました。

調べてみたところ消費者金融のキャッシングもそんなに悪くはないと思いました。私にとって何より良いと感じたのはパートで働いている私でも消費者金融であれば融資を受けられる可能性があるということです。クチコミを読んでみたところ消費者金融でも審査は行われますがパートですとかアルバイトで働いていても審査に通ったというかたが大勢いました。

それならもしかすると私でも審査に通って消費者金融のキャッシングが利用できるようになるかも知れないと感じ、申し込みだけでもしてみようと思いました。申し込みをした消費者金融はプロミスでした。自宅のパソコンを使い申し込みができましたのでとても楽でした。申し込みをした結果、断られるだろうと思っていたのですが驚いたことに私でも審査に通ってしまったのです。

借入限度額は10万円となりしまたがそれでも私にとってはとても助かる金額です。現在ではお金が足りなくなったときだけ利息が大きくならないよう利率や借入期間などを考えて計画的に利用させてもらっています。

総量規制の対象外となる金融機関

貸金業法で定められている総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというものです。ただし、この総量規制の対象となっているのは消費者金融、クレジット会社、信販会社であり、実は銀行はこの総量規制の対象外なのです。

もし総量規制の対象となって消費者金融系などのカードローンが利用できなくなった場合、銀行系のカードローンを検討してみるのが一番安全な方法でしょう。もちろん、どこでも借りられるというわけではありませんし、審査が甘いということでもありませんが、銀行系のカードローンは金利が安い、融資上限額が高いなどのメリットがあります。銀行によっては即日融資に対応しているところもありますので、検討してみるのもひとつの手です。

また、総量規制にはいくつか例外があります。具体的には住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券や不動産を担保としているもの、個人事業主の運転資金、そして多重債務者が借入金を一本化するために組む「おまとめローン」などがこれに該当しています。

ただし、総量規制の対象となっているということは、年収600万円なら最低でも200万円の借金があるということで、褒められた状態ではありません。総量規制の対象外となると、銀行以外は違法業者の「ヤミ金」しかありませんので、焦って手を出すとそれこそ破滅一直線です。甘い話に乗ることなく、自分の現状を見極めたうえで、弁護士らと相談して適切な対処法を取りましょう。

アルバイトがキャッシングを利用する時のポイント

アルバイトは、一般的にキャッシングを利用しにくいというイメージがあります。

確かに、正社員と比べると審査の時に不利であることは否めませんが、いくつかのポイントに気を付けることで、利用できる確率を上げることが可能です。

まず、「アルバイトでも審査が通りやすい所を選ぶこと」。

有名どころでは、「アコム」「プロミス」「アイフル」「ノーローン」などの消費者金融であれば、アルバイトでも申し込みが可能です。

次に、「審査に有利な条件を押さえておくこと」。

審査に有利な条件とは、「収入が安定していること」「社会保険に入っていること」「クレジットヒストリーが健全であること」の三つです。

収入が安定しているというのは、例えば過去3年間の年収が一定して200万円だった人と、去年は100万円だったが今年は500万円という人とでは、前者のほうが信頼されます。

また、アルバイトでも社会保険に入っていれば有利です。

正社員の4分の3以上働いていれば、アルバイトでも加入できます。

そして、クレジットヒストリーとは、今までの借入と返済に関する履歴のことです。

金融業界においては、新規で借入する人よりも借入経験のある人のほうが評価されるので、滞納がなければ非常に有利と言えます。