総量規制対象外のキャッシングカード

以前は、消費者金融の裁量により年収に関係なく融資額を決定することが出来ました。

現在は、総量規制というものが存在して年収の3分の1を越える融資は禁止されています。

これは、消費者金融1社で3分の1ということではなく、例えば年収300万の人が4社から30万円ずつ借り入れていた場合には、1社あたりは総量規制に引っ掛かりませんが、全体で120万円の借り入れになり総量規制に引っ掛かり、それ以上の借り入れは不可能になります。

消費者金融は、信用情報を通じてこまめに借り入れ状況をチェックしているのでごまかすことはできません。

反面、総量規制の対象外のキャッシングカードもあります。それは、銀行系のローンカードです。今後、総量規制の対象になる可能性はありますが、現時点では対象外で銀行側の裁量に委ねられています。

限度額が大きい銀行系カードローンに申込んでみては如何

いよいよお金を借りなければならない状況が出てくる可能性が高くなり、いざという時に直ぐに対応出来るようキャッシングを利用する為のカードローンを契約しておきたいという方もいらっしゃると思います。

現状、直ぐにキャッシングでお金を借りる必要はなく、じっくり契約先を考えたいという余裕があるのであれば、銀行系カードローンがおススメです。
貸金業法で年収の1/3以下までしか貸し出しを行えないという「総量規制」に縛られる消費者金融系カードローンと異なり、銀行系カードローンは総量規制の対象外であり、年収による縛りがなく、自身の属性によるスコアリングで、限度額が設定しれます。

限度額200万円までは、収入証明不要と謳っている金融機関も多いことから、ある程度の年収のある方でしたら、200万円~300万円などの大きめの限度額を設定した審査を経て、契約出来ることが出来るのではないかと思います。

銀行系カードローンの場合、消費者金融系カードローンより低金利な場合も多いです。お金を借りる=消費者金融ではなく、銀行系のカードローンを考え、いくつか申込んでみるのも1つなのではないかと思います。