借り入れ限度額について

キャッシングの限度額は各社ごとに設定されていますが、それとは別に利用者側の属性によっても貸し出し可能とする限度額というものは決定されてしまいます。

各賃金業者は通常、貸し出し可能とする○百万円という限度額を設定していますが、利用者の属性によってはそれ以下の貸し出し金額を限度とする場合があります。

属性については審査時に返済能力の有無のために確認されるものですが、このときに利用者へいくらまで貸し出していいのかの判断も一緒にされます。つまり、審査は無事に可決された場合であっても、属性の評価が低い場合などは限度額も低くなるため、借りられる限度額というものは人によって異なるということが言えます。

また、2010年に施行された総量規制によって、消費者金融などの賃金業者は利用者に年収の3分の1を超える金額を貸し出してはいけないという法律が制定されていることにも注意が必要です。これは1社からの借り入れ金額だけではなく、キャッシングを行った全ての賃金業者が対象となるため、限度額に満たなくとも借り入れを制限されることになります。

各賃金業者の限度額や総量規制については、賃金業者からの過剰な貸し出しを禁止するために設けられているため利用者側としては納得せざるを得ないということになります。

ただし、賃金業者が設定する限度額については利用者の貸し出し状況によって増減することもあります。
例えば、返済に滞りなく一定の借り入れが行われている場合などは増額対象となり、逆に返済の期日を守らず、督促しても払ってくれない場合などは減額対象となります。

キャッシングの借入限度額

キャッシングを利用するときに気なるのが借入限度額だと思います。急にお金が必要なってキャッシングを利用したけど思っていた金額でお金を借りることができなくてがっかりしたという人もいると思います。基本的に借入限度額は申し込みをした人の年収を基本にして決定されています。

年収が多い人ほど大きな金額で借り入れができるのですが年収を超える金額を借り入れすることはできません。なぜなら借入限度額は総量規制という法律で上限が決められているからです。

どのキャッシング会社も年収の3分の1を超える借り入れはできなくなっています。たとえば年収120万円だと借入限度額は40万円ということになります。

しかしこれだと法律で決められている上限いっぱいいっぱいなので実際に利用するときはもっと低くなってしまうのが普通です。特に初回利用の場合だと借入限度額は低く抑えられてしまう場合が多いです。ただし毎月の返済を遅れずにきっちりと守ることで借入限度額の増額が可能な場合もあります。

返済の途中でお金が必要になり増額の申し込みをしたいときはカスタマーセンターに電話をすればよいでしょう。申し込みをしたときの属性や返済の状況によっては融資の増額が可能になる場合があります。