仮審査を通してからのキャッシング比較が安定的

仮審査をしてからキャッシング会社を選ぶという方法が、いまの流行となっています。というのも、人によって借りられるか借りられないかということがありますから、借りられないところと比較したところで意味はないからです。

仮審査のシステムは年々発展していて、いま複数社の仮審査を同時にしてくれるというWEBサイトなどが増えています。申込みそのものにお金がかかることはなく、大抵のサイトで無料での仮審査を受けられるのです。

こうしたシステムを活用すれば、キャッシング会社の比較において、これまでしていた無駄な労力をある程度は削ることができるでしょう。

もちろん、仮審査といっても万能ではありません。どちらかというと仮審査を受けることによって借り入れの可能性がある程度判断できるというくらいで、場合によっては本審査で落ちるということがあるのです。

それらは他社借入額など色々な部分ではセーフだったものの、信用情報などが毀損していて通らなかったということになるだけです。その場合でも、基本的には中には通る会社もありますから、本審査を幾つか受けてみて、その審査結果を理解した上でどこを選ぶかを決めれば良いのです。

仮審査からよさそうなキャッシング会社順に並べ、上から本審査を受けていくことで比較と利用を効率よく進めることができます。

キャッシングの借入限度額

キャッシングを利用するときに気なるのが借入限度額だと思います。急にお金が必要なってキャッシングを利用したけど思っていた金額でお金を借りることができなくてがっかりしたという人もいると思います。基本的に借入限度額は申し込みをした人の年収を基本にして決定されています。

年収が多い人ほど大きな金額で借り入れができるのですが年収を超える金額を借り入れすることはできません。なぜなら借入限度額は総量規制という法律で上限が決められているからです。

どのキャッシング会社も年収の3分の1を超える借り入れはできなくなっています。たとえば年収120万円だと借入限度額は40万円ということになります。

しかしこれだと法律で決められている上限いっぱいいっぱいなので実際に利用するときはもっと低くなってしまうのが普通です。特に初回利用の場合だと借入限度額は低く抑えられてしまう場合が多いです。ただし毎月の返済を遅れずにきっちりと守ることで借入限度額の増額が可能な場合もあります。

返済の途中でお金が必要になり増額の申し込みをしたいときはカスタマーセンターに電話をすればよいでしょう。申し込みをしたときの属性や返済の状況によっては融資の増額が可能になる場合があります。